診療科目|大分県大分市で歯科をお探しの方は医療法人ハッピースマイル たけお歯科クリニックまで

時間 日・祝
9:00〜12:00
14:00〜19:00
★13:00~17:00 ●第4木曜の午後は休診
休診日:第4木曜午後・日曜・祝日

〒870-1161 大分県大分市大字木上鉾手2059番

  • 電話
  • メニュー

分かりやすく丁寧に
診療のご説明をさせて頂きます。

当院では事前に患者様のお悩みやお困りごとをしっかりとお聞きし、
治療の方針をご提案させていただきます。治療の方法や治療の期間など
分かり易く丁寧にご説明をさせていただきます。
皆様も何か分からないことがありましたらお気軽にスタッフまでお尋ねください。

当院でできる治療

歯が痛い一般歯科

イメージ画像

一般歯科では主に虫歯の治療を行います。当院ではできるだけ歯を削らず、患者様の歯を残す方針で、痛みの少ない治療を行っております。今まで歯科治療が苦手だった方もぜひ一度、当院までご相談ください。

こどもの歯科治療小児歯科

イメージ画像

お子様にとって歯医者さんは楽しい所なんだと思ってもらえるよう、お子様の目線に合わせた、優しく丁寧な治療を心がけています。 お子様にも安心して楽しんで来てくれるよう、当院ではキッズスペースやご家族みんなでご入室できる個室タイプの診療室もご用意しております。また、治療を頑張ったお子様には、ガチャガチャなど、楽しいプレゼントもございます。楽しみながらお口の健康を目指しましょう。

歯並びを整えたい矯正歯科

イメージ画像

楽しくおしゃべりをしたり、親しい人と食事をしたり、笑ったり…。人が人らしく生活する上で口が果たす役目や影響力はとても大きなもの。 乱れた歯並びは外見への影響はもちろん、体の健康や自分の内面にも大きく影響します。歯並びの矯正は体全体の美と健康の重要なカギ。 もう一度自分の口元から見直してみませんか?

歯を失ったらインプラント

イメージ画像

インプラント治療とは、歯の失われた部分の顎の骨に人工的な歯の根っこを埋め込み、その上にセラミックなどで作られた人工の歯を被せる治療方法です。 日常生活における違和感や痛みに悩まされることがないので、自分の歯と同じような感覚で、食事や会話を楽しむことができます。

親知らず・顎関節が気になる口腔外科

イメージ画像

「口腔外科」とは文字通り、口腔(お口の中)の外科処置を行う科目です。 歯科医院では、虫歯や歯周病の治療だけでなく、お口の中の様々な疾患に対応しています。「歯は痛くないけれど、口の中に違和感がある」「親知らずが気になる」「顎が開かない」という方は、ご相談ください。

歯をきれいにしたい審美歯科

イメージ画像

虫歯を治療した部分にはかぶせもの(クラウン)やつめもの(インレー)を入れます。 保険適用による一般的なつめものやかぶせものは金属ですが、銀歯が気になってしまう患者様には、 セラミック(陶材)等の素材を用いて歯を修復することができます。 審美歯科というと、単に見栄えを良くするだけのイメージがありますが、当院ではそのような治療は行いません。 歯並び・かみ合わせ・他の歯との調和にも配慮し、丈夫で長持ちする治療を提案いたします。

白い歯にしたいホワイトニング

イメージ画像

毎日の歯磨き、歯科医院でのデンタルケアで落とすことが難しい、歯の内部の色素沈着を、薬剤やレーザーにより落としていきます。 歯の表面を削ることなく、色素を分解することで歯を白くすることができます。 笑顔の時にのぞく白い歯はとても魅力的で、自分への自信を持てるようになります。

歯茎がはれた、歯がグラグラする歯周病治療

イメージ画像

「ブラッシングの際に血が出る」「歯ぐきが腫れている」といった症状がありませんか?もしかしたらそれは、歯周病の兆候かもしれません。日本は「歯周病大国」と呼ばれており、30代の約8割が歯周病だといわれています。 歯周病は、歯周細菌と呼ばれる細菌が、歯茎の内側に入り込むことで発生します。歯周病が進むと、歯ぐきだけではなく、歯を支えている顎の骨(歯槽骨)にまで炎症が及びます。進行を抑えられなければ歯を支えることが困難になり、最終的には歯を失ってしまう恐ろしい病気です。 歯周病を予防するには、早期発見・早期治療が欠かせません。

クリーニングで虫歯・歯周病予防予防歯科

イメージ画像

代わりのない大切な歯。だからこそ、ご自宅でのケアと歯科医院でのケアの両方で、大切に守りましょう。せっかく時間をかけて虫歯を治しても、治療後に粗末に扱ってしまっては、頑張って通院した努力も水の泡。更に治療を繰り返すと歯はどんどん弱くなり、最終的には歯を失ってしまうかもしれません。ご自分の歯をできるだけ長く保つためには、治療の前の「予防」が非常に大切です。予防歯科を行うタイミングに遅すぎるということはございません。ご一緒にお口の健康を目指しましょう!
詳しくはこちら

ページトップへ